篠笛って何?

幾多の時代を越えて、この国の人々に愛されてきた楽器。


お祭り、神楽、獅子舞、長唄など、日本の芸能に欠かす事のできない存在である篠笛。その歴史は古く、奈良時代あるいは平安時代の頃から使われていると言われています。(今のところ正式な起源は解明されていません)

上流階級で使われていた「龍笛(りゅうてき)」や「能管(のうかん)」に対して、庶民の間で親しまれてきたのが篠笛です。

篠竹(女竹)に穴を開け、内側に漆を塗ったシンプルな構造で、大きく分けると、ドレミの音階に調律されている「唄用(ドレミ調)」と、地域ごとの郷土芸能特有の音階に調律された「囃子用(古典調)」の2種類が存在します。

当教室では「唄用(ドレミ調)」の八笨調子(C管)をメインとして使用しています。ピアノの白鍵で弾くドレミファソラシドと同じ調なので、童謡・唱歌・民謡などはもちろん、歌謡曲・J-POP・洋楽など、自分が好きな曲を吹く事ができます。

竹が生み出す和の音色は、忙しい毎日に安らぎを与えてくれます。
今からでもできる「大人の習い事」始めてみませんか?
 

「やりたい」を叶える5つの安心

① 初心者でも大丈夫

篠笛が初めての方も大歓迎。一人ひとりのペースに合わせて優しくご指導します。ご入会者の89%は篠笛未経験の方です。

② 楽譜が読めなくても大丈夫

誰もが耳にした事がある曲から始めるので、楽器経験が無い方でも自然と楽譜が読めるようになります。

③ 肺活量が無くても大丈夫

篠笛で大切なのは息の「量」ではなく、息の「出し方」です。ポイントを押さえて吹けば、少量の息で音を鳴らす事ができます。

④ 年齢を気にしなくて大丈夫

激しい動きを伴わなわず、軽量な篠笛は、何歳からでも始められる楽器です。鞄に収 まるサイズなので持ち運びも簡単。  

⑤ なんとなくでも大丈夫

和の世界って難しくて厳しそう…そんな事はありません。篠笛は庶民の間で親しまれてきた楽器です。気軽に触れてみましょう。

よくある質問

ご入会を検討される皆様から寄せられる事の多い質問をピックアップいたしました。
ご入会前は心配や不安があるのは当然の事と思いますので、少しでもその解消にお役立ていただければ幸いです。
その他、ご不明な点ががございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。


篠笛が初めての方も大歓迎です。
一人ひとりのペースに合わせて丁寧に指導いたしますので、安心しておいでください。
ご入会者の9割は篠笛未経験の方です。


大丈夫です。
レッスンでは五線譜に指番号を書いたものを使用しております。
これは漢字にふりがなを振ったようなもので、難しい漢字が読めるようになるのと同じように、楽譜が読めない方でもすぐに読み方を覚える事ができます。


初回のレッスンで音が出せるようになり、2〜3ヶ月で童謡や唱歌などの簡単なが吹けるようになります。
半年が経つ頃には1オクターブ以上鳴らせますので、吹ける「実感」を得る事ができるはずです。
篠笛は約2オクターブ半出せる楽器ですので、演奏可能な曲のバリエーションは非常に幅広いです。


ご入会は小学校3年生以上の方とさせていただいております。上限はありません。


皆様にご納得いただいた上でご入会いただきたいという思いから、無料体験レッスンを行っております。
もちろん篠笛も無料でお貸しします。どうぞ一度お気軽にお申し込みください。
無料体験レッスン後の強引な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
無料体験レッスンの日程はレッスンスケジュールをご覧ください。


レンタル希望の方にはレッスンで使用するドレミ調(唄用)八笨調子を月々1,000円(税込)でお貸しいたします。
レッスンの無い日もお持ち帰りいただけますので、ご自宅でも練習可能です。
購入希望の方には講師が自信を持ってオススメする篠笛を斡旋させていただきます。


いざ習い始めても「この日は都合が悪い」という日も出てくると思います。
その場合は別の日または別の時間に、他のクラスで振替レッスンを受ける事が出来ます。
振替レッスンは翌月まで有効ですので、月々3回のレッスンを無駄なく受講いただけます。


いざ習い始めても「この日は都合が悪い」という日も出てくると思います。
その場合は別の日または別の時間に、他のクラスで振替レッスンを受ける事が出来ます。
振替レッスンは翌月まで有効ですので、月々3回のレッスンを無駄なく受講いただけます。